最新のお知らせ


いわき市中央台高久1-35-11 tel.0246-29-0305
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
パブリシティ
イベント情報
夜ノ森ソーラータウン
住まいづくり
ソーラーれん
家具
Product
建築
薪ストーブ
環境問題
音楽
植物
コーヒー
周辺のようす
アクセス
プロフィール
OMソーラー
★お知らせ★
未分類
フォロー中のブログ
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
my家 your家
しーの暮らしのこと。
田舎暮らし・・・
雑木林の家から-nishio
リンク集
最新のトラックバック
屋上緑化システム
from 屋上緑化システム
ツルピカ泥団子の唄
from J - SORA Style..
久しぶりの青空
from Gallery SORA b..
あ、ireiブランド 発見!
from 雑木林の家から-nishio
房総半島の先っちょに行っ..
from OMソーラーの家「東京町家」
ペレットストーブの製造が..
from irei_blog
ジャズコンサートのお知らせ!
from Gallery SORA b..
珪藻土を塗りました!!
from my家 your家
福島県浪江の家3
from irei_blog
素敵な箸おき見ーつけた!!
from 猫と私の好きなもの
以前の記事
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
住み続けられる家を創る#1
 三年前、「住み続けられる家を創る」と題して、5回連続で勉強会を開催した。
最近では基本プランの際、気が付いてみると施主の要望をそのまま図面に反映
していることが多くなったように思い、初心に帰るつもりで当時の資料を読み返してみた。
そして、改めて家創りのベースはそこにあることを確信した。
 そこで、再確認する意味で、このブログ上で不定期に勉強会のレポートを再現
しようと思う。資料作成者の迎川利夫氏にはこの場をもってお許しいただきたいと思います。

第1回 ガイダンス (第1回住まいづくり教室)
 ● 今、家づくりに大切なこと
 ● 地域の気候特性を知る
 ● 住み続けられる家三原則       
  ① 住み続けたいと思える居心地の良い家。
  ② 建築のため、生活のために必要なエネルギー消費量が少なくて済むパッシブな家。
  ③ 物理的に丈夫で安全な長持ちする家。

 最近の住宅産業の動きを見ていると何かおかしい。特に品確法なるものが出来て
住宅が箱としての性能で語られるようになりました。極端に言うと細かい部屋をたくさん
造った方が広い部屋を造るよりも構造的に優れ、建材や家具、衣類等々から出る化学
物質が抜けていかない方が気密性能が高いと言う事です。(現在ではシックハウス対策
で機械による強制換気が義務付けられています)

 「家づくりは夏を旨とすべし」と言われるように、私たち日本の文化は、いかに蒸し暑い
夏を快適に過ごすかという知恵を蓄積してきました。日本の軸組み工法は家中を自由に
風が抜け建具の開け閉めで空間を自在に変えるのに都合が良い。福島県でもこの浜通り
地区は冬に晴天日が多く雪もあまり降りません。つまり太陽熱を利用して快適な環境を
作るのに恵まれた地域です。にもかかわらず自然エネルギーに背を向け、建物で機械的に
快適環境を作り出す欧米型の住宅が主流になりつつあります。

 私たちは今、住宅を箱の性能ではなく住み心地で語らなくてはなりません。あくまでも
住宅の主役はそこで暮らす人の生活にあるわけですから。
 住宅は造ることよりも住まうことを考えたい。住み続けられる家とは単に長持ちすれば
良いと言うものではなく、大切なのはずっと住み続けたいと思えるかどうかです。では、
どうすれば「住み続けられる家」ができるのでしょうか。
                                               次号に続く
[PR]
by gallerySORA | 2006-07-06 18:01 | 住まいづくり
<< 町頭の家Ⅱ-5月中旬頃の様子 ギャラリーの花 >>